事業者ローンの審査基準

 

ビジネスローンで融資を受けるためには当然審査があり、この審査を通らないと融資が受けられません。ビジネスローンの場合は担保も第三者保証人も必要ないので融資する側としてはリスクが高くなるため、担保のある融資よりも審査は厳しくなります。

 

ビジネスローンの審査に通るためには、最低条件として、申し込みの時点において、税金の未納がないこと、業歴が2年または3年以上あること、最新決算期において債務超過でないことなどの条件を満たしている必要があります。

 

ノンバンクのビジネスローンは銀行のビジネスローンよりも審査がゆるく提出書類も少なくなっています。そのぶん審査も早いので、時間にあまり余裕が無い場合は重宝します。ただし、金利が高いので利用には注意が必要です。

 

金庫

ビジネスローンを利用する場合は、1期〜3期の分の決算書の提出が必要になります。決算書により、会社の安全性や収益性などが分析されます。また、審査においては、売上規模や売上推移、自己資本比率などだけでなく、代表者等の役員に対する報酬の支払状況、代表者等の収入状況や資産内容、保証状況と保証能力、経営者の能力や業界内でのその会社の地位、技術力、販売力や成長性等なども考慮されます。このような情報がポイント化され、ある一定のポイントを満たせば融資が受けられるようになっています。

 

決算書は審査が通るかどうかに大きく影響しますが、そのほかに3年〜5年間の「経営計画表」や「資金繰り表」などの提出も融資を受けるのに有利になります。審査基準は銀行やノンバンクの企業が独自に決めていますが共通していえるのは、経営状態、経営体制、負債状況、収支バランスなどがチェックされることです。

 

また、赤字経営だたりすると、なるべく審査の甘い金融会社を利用したいのは当然ですが、個人事業主を狙った審査の甘い悪徳業者もありますので注意してください。そうしたヤミ金業者の中には、大手消費者金融や信販会社、銀行などの名前を社名の一部に取り入れているものもあります。申し込みをすると、契約事務手数料が請求されお金を騙し取られるというケースもありますので十分注意してください。