多重債務がある場合について

個人事業主が多重債務に陥る場合があります。多重債務というのは、貸金業者からの借り入れやクレジットの利用により多額の借金をかかえ、借金返済のためにさらに借金を重ねていくことです。病気や事故などの予期せぬ出来事によって借金を繰り返し多重債務に陥ることもありますし、事業の資金繰りのために借金をして多重債務になるというケースもあります。

 

銀行から融資をうけているものの多重債務に陥り、もうこれ以上返済ができないという状況になっているなら、銀行にリスケジュールを申請して対処することができます。リスケジュールによって毎月の返済額を減らしてもらったり、金利だけの返済にしてもらうことができます。

 

また、多重債務に陥っている人を支援するために 「個人再生法」というのが平成13年4月から導入されており、個人事業者や給与所得者が自己破産せずに生活を再建できるようになっています。

 

個人再生法

驚く男性

住宅ローンを除いた債務総額が5000万円以下で、継続的な収入の見込みがある債務者が、債務の一定額を原則3年間で返済する計画を立てて、その計画が裁判所から承認され、期間内に計画通り返済すれば、残債務の免除が受けられるという制度です。

 

「個人再生法」には、「小規模個人再生」というのがありこれは、自営業・一次産業者を対象としたもので、支払いは最低弁済額しか支払わなくてよいことになっています。ただ、全債権者の過半数以上の反対があれば成立しません。

 

「小規模個人再生」の場合、ローン中の住宅が競売にかけられることはなく、一定の条件を満たせば住宅を手放さずに生活を再建できるというメリットがあります。また、再建計画を裁判所が了承すれば誰でも受けることができます。ただし、「小規模個人再生」は5000万円以下の債務に関してのみ適用されるものです。

 

多重債務に陥った経営者が一人で悩み、ヤミ金に手を出したり自殺をするケースもありますが、多重債務から抜け出し事業を再開した経営者もいます。多重債務に対処することは可能なので、公的な無料法律相談なども利用して解決策を探ってください。